今日の下阪本小

大津市立下阪本小学校

学校の様子を掲載しています。

2021/02/18
新1年生入学説明会
 令和3年度新入生の保護者対象に入学説明会を実施しました。本来なら説明会と平行して園児たちの体験入学を実施してスムーズな入学準備の一つとしていましたが、今年度は不安の声も多くあるだろうと判断して断念しました。

 子どもたちにとっては4月の入学式の日が初めての小学校となり、不安も大きいかとは思いますので、我々は例年と違うということを認識して様々な想定をしておきたいと思っています。
 

187-1.jpg187-2.jpg

2021/02/17
年度末懇談会
 学習参観に関する制約の中で何とか実施できないものかと検討しましたが、本校の学校規模や教室の造りなどから判断して残念ながら今年度は一度も子どもたちの授業の様子を観ていただくことができませんでした。感染対策優先とはいえ残念でなりません。次年度はどんな状況になるかわかりませんが、何とか教室での子どもたちの普段の姿を観ていただく機会ができればと思います。

 ということで今回は参観なしの懇談会のみでした。大勢が集まるということで不安もあったこととは思いますが多くの保護者の方々に来校いただけたことうれしく思いました。短時間の開催だったこともあり、十分伝わらなかったことがあったと思いますので、ご意見ご感想は遠慮なくご連絡ください。

186-1.jpg186-2.jpg

2021/02/12
防災教育Ⅲ ~通学路は大丈夫?~
 4年生防災教育。第3弾は通学方面毎に分かれて自分たちで考える学習です。非常時に家から学校へ避難してくる想定で地域にどんな危険箇所が潜んでいるかを見つけました。

 地震の時はブロック塀が危ないとか洪水で川があふれたらここは通れないなど、地図を見ながらグループで考えました。学区の過去の災害の様子や現在の防災の様子を教えてもらった知識やこれまでの学習で獲得したことをもとに自分で考えることは大切な学びです。今後の授業でさらに交流したりまとめたりする活動を通して防災をより身近なこととして捉えてくれることでしょう。

 追伸;下阪本まちづくり協議会設立の準備が進められています。その会の柱にも『防災に強いまちづくり』があげられています。学校としても大いに連携して行ければと思います。

 

185-1.jpg185-2.jpg185-3.jpg

2021/02/05
防災教室Ⅱ(防災倉庫って?)
 前回に続く防災教育出前授業第2弾。今日は防災倉庫の中身を見せていただきました。見たことのない道具も多く興味津々。「これは何に使うのだろう?」「何でこんなものが入っているのだろう?」・・・。

 挟まれて動けない人の救出につかうジャッキをつかって実際に人を持ち上げてみたり、竹と毛布をつかって簡易の担架を作ってみたり、水消火器で消火活動の体験をしたり、いくつも初めての体験ができました。

 つかわないに越したことのない道具類が万一に備えてあるんだということを改めて知った日でした。家でも子どもたち自ら災害時に備えた行動ができるきっかけになったことでしょう。

184-1.jpg184-2.jpg184-3.jpg

2021/02/04
昔のくらし(七輪体験)Ⅱ
続き

183-1.jpg183-2.jpg183-3.jpg

- Topics Board -