今日の膳所小(2017年度)
膳所小の日々のできごとをお伝えします
2016年度へ 2015年度へ
前ページTOPページ次ページHOMEページ
11月24日(金) 赤い羽根共同募金
2017/11/24
 児童会運営委員会の呼びかけで、今日から「赤い羽根の共同募金」が始まりました。朝から校門や北門で、運営委員や先生が募金箱を持って立っていると、さっそく初日からさっそくお金を入れてくれる子がいました。また、渡せなかった子ども達は、教室の募金箱にお金を入れてくれました。

 集まったお金は、中央共同募金会に送金させていただき、被災者、障害者、高齢者など困りごとのある方のために使われる他、児童・青少年を対象とした事業など地域で役立てられます。学校では、今月末まで募金活動をしますので、ご協力をお願いします。

11月22日(火) ビンゴ大会(4年)
2017/11/22
 昼休みに体育館で、集会委員会主催の4年生ビンゴ大会が行われました。初めに用紙が配られて、1から30までの好きな数字を書き込んでいきます。

 集会委員が数字を読み上げていき、たて横ななめに5つの数字が並ぶとビンゴです。次々とビンゴの人が現れ、歓声が上がりました。

11月22日(水) ポスターセッション(6年)
2017/11/22
 6年生は、2学期に総合的な学習の時間に「平和への道」をテーマに学習を進めてきました。これまでに見学したり調べたりしたことをまとめ、今日は体育館に集まってポスターセッションによる発表を行いました。

 2時間目は授業参観で、保護者の方にも学習の成果を発表する姿を見てもらうことができました。学習を深めるほどに、平和の大切さを感じとってきた6年生です。今日の発表をきっかけに、おうちの方と一緒に平和について考える機会になればいいなと思います。

11月22日(火) 道徳参観2
2017/11/22
 上学年では、悩みや葛藤などの心の揺れ、人間関係の理解などの課題を積極的に取り上げることになっています。写真は、3年、4年、5年の様子です。心の揺れる場面では、対立する意見の交流が見られました。

 どの学年も、自己の生き方についての考えを深め、道徳的な実践力を育てていって欲しいと願っています。

11月22日(水) 道徳参観1
2017/11/22
 2時間目に学習参観が行われました。今月は全クラスで道徳の授業を見ていただきました。クラスによって異なる道徳的価値を扱っているため、教材や指導に工夫を加えて展開しています。

 低学年では、教材となる物語に感情移入しやすいように紙芝居やスライドを使うことが多いです。また、自分の思いを表現したり、自分とは異なる考えに接して自分の考えを深めたりしやすいように、劇化や動作化することもあります。写真は、1年、2年、こじか学級の様子です。

11月21日(火) 近所迷惑ゲーム(5年)
2017/11/21
 初めに断っておきますが、ご近所に迷惑をおかけしたわけではありません。昼休みに体育館で5年生の集会遊びがあり、集会委員会が企画してくれたのが、近所迷惑というゲームだったというわけです。

 鬼ごっこの一種で、鬼から逃げる人は、2人組で座っている人の横に座ると逃げきったことになります。その時、逃げてきた人と反対側に座っていた人は、座っていられなくなって、鬼から逃げなければなりません。これが近所迷惑というわけです。

 初めてやったという子が多くて、ルールを理解するのに時間がかかりましたが、慣れてくると追いかけっこを楽しんでいました。集会委員会のみなさんもごくろうさまでした。 

11月20日(月) 学習発表会合同練習
2017/11/20
 こじか学級には大津市特別支援教育連盟が主催する合同学習発表会に参加する児童がいます。今日は市内の第5ブロックの逢坂、中央、平野、富士見の各小学校の特別支援学級の児童が、練習のために膳所小に来てくれました。

 各学校でも劇の練習をしていますが、今日は体育館で合同練習の様子を見てもらいました。観客の前ではりきったり、緊張したりして本番前のよい練習になったようです。

 3時間目には、本校の1〜3年が通し練習を見せていただきました。自分の力を出しきって演じている様子を、静かに見ていました。とりわけ本校の児童の「木の星(みどりの星)」の場面では応援しながら見ていました。見る方も見られる方も、お互いに良い機会になりました。

 今後も練習を積み、30日がリハーサル、12月1日が発表会です。会場は大津市民会館で、第5ブロックの出番は11:15から11:30です。どなたでもご参加いただけますので、機会がありましたらご覧ください。こじかのみなさん、本番でも力を出しきってくださいね。

11月20日(月) いじめ防止出前授業(5年) 
2017/11/20
 いじめの防止をめざして、大津市いじめ対策推進室から出前授業にきてくださいました。「いろんな気持ちに気づいてみよう」というテーマで、5年生の各クラスが授業を受けました。

 初めに、喜怒哀楽などいろんな気持ちについて考えました。怒りや悲しみは、自分の状態が良くないことを知らせるサインなので、しっかりと感じて自分の状況を知ることが大切であることを学びました。

 特に、怒りについては、それが人を傷つける行動として表れることがあり、怒りを感じた時にどのようにしているのかをグループで話し合い発表しました。

 怒りを抑えるのにはいろいろな方法があることがわかりましたが、自分ひとりで抱えきれない気持ちは、誰かに話して聞いてもらうことが大切であることを学びました。ご指導いただきありがとうございました。

11月18日(土) 人権を考える大津市民のつどい
2017/11/18
 人権を考える大津市民のつどいの粟津・北大路ブロック秋の集会が、本校を会場に開催されました。はじめに、体育館で開会行事が行われ、本校のブラスバンドクラブが演奏を披露しました。

 続いて、膳所小・粟津中・膳所高の児童生徒の意見発表があり、本校からは5・6年の代表児童がそれぞれ「走り出す勇気」「私は幸せ者」のタイトルで、経験をふまえた作文を発表してくれました。

 その後、3つの分科会に分かれ、「人権尊重のまちづくりをめざして」をテーマに、活発な意見交流が行われました。本校からも、学習と健康を考える分科会で、「オノマトペ体操」の取り組みなどの話題提供をさせていただきました。雨の降る寒い中を多数の参加をいただき、ありがとうございました。

11月17日(金) 鳥獣戯画(6年)
2017/11/17
 6年生が、鳥獣戯画を描くことに挑戦しました。文化連携事業として、ミホミュージアムの方から学芸員やボランティアの方が解説や実技の指導に来てくださいました。

 鳥獣戯画は、京都の高山寺に伝わる水墨画の絵巻物で、描かれた平安時代後期から鎌倉時代の世相を反映しています。ウサギやカエル、サルなどが擬人的に描かれていて、日本最古の漫画とも称されます。

 単純な線を用いて、特徴を誇張して描くことや筆づかいなどを教えていただき、手本を見ながら集中して取り組みました。でき上がりはなかなかの力作ぞろいでした。日本最古の漫画とも称される鳥獣戯画に接し、貴重な体験ができました。ご指導いただきありがとうございました。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel