本校の概要

 志賀中学校は、昭和22年4月に滋賀郡和邇村立和邇中学校と木戸村立木戸中学校が合併し、和邇村・木戸村学校組合立志賀中学校をはじめとし、 昭和24年7月5日小松村立小松中学校と合併、現在の志賀中学校の原形となりました。その後、昭和30年には町制移行により志賀町立 志賀中学校と改称、昭和52年には現在地に新校舎が落成し、平成18年には志賀町と大津市との合併により大津市立志賀中学校 に改称し現在に至ります。
 本校は、南北に長い大津市の最北部に位置し、比良山系の山々を仰ぎ見、眼下に広大な琵琶湖を望む景勝の地に位置しています。 校区が広くJRの駅が7つもあり全生徒の約8割が湖西線を利用して通学しています。現在学級数は、1年5クラス、2年7クラス、3年6クラス、 特別支援学級3クラスの22クラスで、あ・い・の・し・がを行動目標に、活発に学校生活を送っています。


校章の由来

校章の由来
 昭和24年に志賀中学校が創設され,28年に,その時の高間校長が河原義弘先生に校章の図案作成を依頼。当時新任の美術教師広瀬昌夫先生と原案を作成。その内の一つが採用され現在に至る。校章の意味は「志賀町・志賀清林」の志の字を図案化。「学を志す」という意味を表している。


校歌















生徒数・設置部活動


本WEBページの内容の無断転載を禁止します。 大津市立志賀中学校

校長  植田 公威

▲ページトップに戻る