膳所小学校

在校生の皆さんへ

トップページ> お知らせメインページ > 学校伝染病と出席停止

学校伝染病と出席停止について

集団で発生しやすく、学校が感染の場となりやすい病気については、患児の安静と、まわりへの伝染を防ぐ目的で、「出席停止」という措置がとられます。
必ず医師の診察を受け、許可をもらってから登校を再開するようにしてください。
なお、これらの感染症に限らず、発熱や嘔吐の場合は、症状が丸1日治まるまで静養されますよう、おすすめいたします。

学校伝染病とその出席停止期間

病名出席停止期間
第1種 エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
ペスト
マーグルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
コレラ
細菌性赤痢
ジフテリア
腸チフス
パラチフス
治癒するまで
第2種 インフルエンザ 解熱した後、2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで
はしか 解熱した後、3日を経過するまで
おたふくかぜ 耳下の腫脹が消失するまで
風疹 発疹が消失するまで
水ぼうそう すべての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜炎(プール熱) 主要症状が消退した後、2日を経過するまで
結核 症状により学校医その他の医師において、伝染のおそれがないと認めるまで
第3種 腸管出血性大腸菌感染症
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の伝染病
症状により学校医その他の医師において、伝染のおそれがないと認めるまで