■ 膳所藩の所領と藩政(1)2009.12.26

よみ〔ぜぜはんのしょりょうとはんせい〕

膳所藩は、初代城主・戸田一西〔とだかずあき〕が三万石。
5代城主の石川忠総〔いしかわただふさ〕から本田俊次・康将〔やすまさ〕まで7万石。
本多康慶〔やすよし〕の代に弟忠恒〔ただつね〕1万石を分け、以降6万石を領しました。

膳所藩の所領は、栗太・志賀・高島など118か村(石高約53,700石)のほか、河内国錦部(河内長野市や富田林市の一部)などにも28か村(石高約6,300石)がありました(文政6年(1823)「文政近江国石高帳」)。


CGI-design