■ 膳所藩と関係施設(2)2009.12.26

藩主は、参勤交代のため、江戸と膳所の半々の生活をおくっていました。
江戸には、南八丁堀(東京都中央区)に、藩主の正室がすむ江戸上屋敷があり、日本橋若松町(東京都中央区)に中屋敷が、柳島町(東京都墨田区)には下屋敷があって、それぞれ江戸詰めの藩士がおりました。
また、膳所藩は、京都町奉行の所司代相談役や、禁裏御所方火消し・洛中火消しなど、京都警衛の任を担っており、祇園にも京屋敷がありました。


CGI-design