膳所小学校

学校ビオトープ「膳所の湖」

生きもの図鑑:淡水魚【おさかな】:びわ湖と川にすむ魚たち【2】

モツゴ

すみません。写真なしです。

和名
モツゴ(コイ科)
学名
Pseudorasbora parva
説明
10センチほどの小さな魚で、口ヒゲはありません。
クチボソともよばれ、しが県では イシモロコとよびます。
びわ湖や川の下流〔かりゅう〕にすみ、川ぞこのいきものやモをたべます。
よごれた水にもすむことができ、4〜8月に たまごをうみます。

生きもの図鑑50音順TNDEXへ戻る

オイカワ

オイカワの写真

和名
オイカワ(コイ科)
学名
Zacco platypus
説明
口ヒゲはなく、オスはメスより大きく15センチほどになります。
5〜9月、たまごをうむころになるとシリビレがのび、あざやかな色(婚姻色・こんいんしょく)になります。
水のへんかによわく、ひらけたばしょをこのみます。

生きもの図鑑50音順TNDEXへ戻る

カワムツ

カワムツの写真

和名
カワムツ(コイ科)
学名
Zacco lemminckii
説明
口ヒゲはなく、体に青黒いおびがあります。
川の中流〔ちゅうりゅう〕にすみ、ながれてくるむしなどをたべます。
6〜7月に、あさいところに たまごをうます。
さがみ川にもたくさんいますが、びわ湖にはすくない魚です。

生きもの図鑑50音順TNDEXへ戻る

ムギツク

ムギツクの写真

和名
ムギツク(コイ科)
学名
Pungtungia herzi
説明
クチボソともよばれます。
ふとく みじかい2本の口ヒゲがあり、体には 黒いおびがあります。
小さなむしを食べます。
5〜6月に、ドンコやヨシノボリのすにたまごをうみつける(託卵・たくらん)、かわったしゅうせいをもつ魚です。

生きもの図鑑50音順TNDEXへ戻る

カマツカ

カマツカの写真

和名
カマツカ(コイ科)
学名
Pseudogobio esocinus esocinus
説明
2本の口ヒゲをもち、カワギスともよびます。
川のながれのゆるやかな すなぞこにすみ、おどろくと すなにもぐります。
口をつきだして すなごとエサをたべ、エラから すなだけをはきだします。
5〜6月にたまごをうみます。

生きもの図鑑50音順TNDEXへ戻る

ゼゼラ

ゼゼラの写真

和名
ゼゼラ(コイ科)
学名
Biwia zezera
説明
からだはほそながく、目が上のほうにあります。
口さきは みじかくて まるく、口ヒゲは ありません。
びわ湖と川の下流〔かりゅう〕のすなやドロぞこにいます。
モやプランクトンをたべ、4〜7月に たまごをうみます。
1年しか生きません。

生きもの図鑑50音順TNDEXへ戻る

【1】/〔2〕/【3】 /【4】/【5】 /【6】