膳所小学校

学校ビオトープ「膳所の湖」

2007年度活動報告:ビオトープと淡水魚の飼育

ビオトープ
4月 水が減っています。
南湖がなくなってしまいました。
6月30日 PTAの役員さんたちが草刈りをしてくださいました。
ロープもきっちり張り直し、たおれていた柳もまっすぐにしました。
7月20日 ビオトープの池に、黄色い花が咲いています。
トンボも飛んできています。
9月 1日 PTA環境整備作業に伴い、草刈りをしていただきました。
淡水魚飼育

今年度から、ビオトープでは飼えない魚を子どもたちに紹介するために、2004年度に購入した90p水槽などを活用して、淡水魚飼育を始めました。
南校舎正面玄関に、90p水槽と、2台の小水槽、職員室前にも水槽を設置しました。
*2007年度は、およそ30種魚を紹介しました。
水槽の台数が限られているため、一時的にしか紹介できないものもありましたが、少しでも多くの生きものを紹介するよう努めました。

4月 水槽内に、バラタナゴ、ヤリタナゴ、カネヒラ、コイ、ギンブナ、オイカワ、カマツカ、ムギツク、モツゴ、タモロコ、ヨシノボリの11種30尾あまりの魚と、イシガイ、マルタニシ、カワニナなど貝、セキショウモやネジレモ、カナダモなどの水草を入れました。
また、職員室前の空き水槽を利用して、ナマズの稚魚を飼いはじめました。
5月 90p水槽の下に、2台の小水槽を設置して、オヤニラミ・ウキゴリ・ギギを飼いはじめました。
7月 短期間、アユを水槽に入れました。
11月 ドンコ、ニゴロブナ、イトモロコを飼いはじめました。
また、水温も下がってきたため、ズナガニゴイ、タカハヤを飼いはじめました。
3月 水槽を見やすくするため、木製台を設置し、キャプションをつくりかえました。
アカザを飼いはじめました。