本校の概要
 [学区の概要]
 坂本は大津市の北部に位置し、比叡山麓の一角、美しい琵琶湖の景観を見ることのできる丘陵地にある。
 また、坂本学区は古くからの文化財、旧跡も多く石積みの町としても有名である。四季それぞれに趣があり訪れる観光客も多い。
 町は、1区から13区までの各区(住居表示は坂本一丁目〜八丁目)から成り立っており、人口は10,107人、世帯数は3,968戸である。(平成16年4月1日現在)
 本学区は市町村合併により昭和26年4月大津市坂本学区として発足。その後、住宅適地としての条件が整っているばかりでなくJR湖西線の開通、県道坂本線の新設、国道 161号線バイパス、湖西道路の建設等が進み大津市北部住宅地として限りない明日への発展が約束され、農村的な色彩から都市化されつつある。
 こうしたことに伴って、児童数も増加し、昭和50年4月に唐崎小学校が開設され穴太は唐崎学区となったが、その後も児童は増えつづけ、昭和56年4月には1,479名43学級を擁した。
 昭和57年4月には日吉台小学校が開設され児童数は千名以下となり平成17年5月1日現在522名と規模も適正化となった。
 平成15年3月には開校 130 年目を迎えた。

 [本校の沿革]
  開校記念日  明治7年3月1日
                         
                
至明学校 明治5年
篤明学校 明治6年 坂本小学校 明治19年
穴穂学校 明治9年
坂本尋常小学校 明治24年 上記三校が統合
坂本尋常高等小学校 明治29年
坂本国民学校 昭和16年
坂本小学校 昭和22年
大津市立坂本小学校 昭和26年

[学校教育目標]
■命を尊び、進んで体を鍛える子どもを育てる。
■基礎基本を身につけ、よく考える子どもを育てる。
■自他を敬愛し、夢に向かって粘り強く努力する子どもを育てる。
■ルールを守り、共に伸びようとする子どもを育てる。

めざす子どもの姿
〇 さ いごまでやりぬく子
〇 か らだをきたえる子
〇 も とめて学ぶ子
〇 と もを大切にする子
  
坂 本 小 学 校 校 歌
 
  あすへの希望

  作詞 豊原 一雄   作曲 森 信

1.浅翠 萌え立つ空に 比叡の峰
  輝く瞳 寄せ合って
  今日の生命の 幸せを
  歌う 坂本 坂本小学校

2.巻雲の 流れ遙かに 鳰の湖
  みんな仲よく 腕組んで
  明日への希望を 語りつつ
  進む 坂本 坂本小学校

3.近江路の 歴史を偲ぶ 山王の
  大きな杉の 木のように
  正しく 強く 美しく
  伸びゆく坂本 坂本小学校
トップページに戻る
トップページに戻る