1.地域と学校


本校は、地域の都市化に伴い、児童数2,000名を越えるマンモス校となった瀬田小学校より昭和51年4月1日に分離独立したもので、開校当時は、児童数1,159名、学級数29でした。

 瀬田地区の南部を通学地域とし、学区は、瀬田(橋本)、神領、三大寺、野郷原、松陽、玉野浦および大江の一部からなっています。平成25年5月1日現在の学区内人口は15,718人、世帯数は 6,465です。

 学校は東経135度54分50秒、北緯34度57分58秒、標高100mに位置し、古くから近江一の宮として知られる建部大社の東隣り、比良・比叡の山並みや碧水の琵琶湖を望む景勝の丘陵地に建っています。

 地域は横尾山古墳、瀬田廃寺、瀬田城址、近江国府跡などの史跡を擁し、壬申の乱にも登場するなど、古代から人の寄り集まるところとして栄えました。また、近江八景の一つで「瀬田の夕照」でも知られる天下の名橋「瀬田の唐橋」は東海道、奈良街道の要衝として注目され、その瀬田川のほとり、唐橋のたもとで、橋本地区は漁業、建部大社の門前地区は商業、神領地区は農業が盛んであったが、学区内や近隣の近代的工場の進出に伴い、人口も増加し、社宅街、公営住宅街が開発され、工場労働者等も増えました。そして、学区の南部の丘陵地ではゴルフ場も開発され、その後、名神高速道路ICや京滋バイパス近辺では住宅地の開発が進められ、現在に至っています。



2.本校の教育方針



1.開校の精神

”自我作古”


自我作古とは、開校時の学校長阪口一左衛門氏が中国古典から引用されたもので、「昨日まで続いてきた私が今日からは違った私になり、気持ちを新たにして、新しい仕事、新しい事柄に取り組んでいく」「自分の道を自分の力で切り開き、自分の歴史を自分の手で作り上げていく」という意味です。この言葉は学校だよりのタイトルにも用いられています。

2.学校教育目標

強く、正しく、美しく 
       精いっぱい生きぬく児童の育成


3.めざす児童像

・物事に熱中して取り組める子ども
・友だちを大切にし、仲間とともに伸びていく子ども
・自分の思いや考えを豊かに表す子ども



3.校歌


瀬田南小学校校歌


西原 光枝 作詞 菅井 美代子 作曲


1. 建部の森の そば近く
   そそり建ってる 学舎に
   今日も希望の 陽は昇る
   伸びゆく園です 力です
   よいことすすんで 行う人に
   みんなすくすく 瀬田南小学校


2.比叡の山なみ 仰ぎつつ
   日毎に集う ぼくたちに
   きょうも恵の 陽はわたる
   伸びゆく園です 心です
   よいこと互いに わかてる人に
   みんなすくすく 瀬田南小
学校

     
       
3. 永遠にかれない 瀬田川の
   水辺にみがく わたしたち
   きょうもみのりの 陽はおどる
   伸びゆく園です からだです
   よいこと勇んで つくれる人に
   みんなすくすく 瀬田南小学校