HOME校長室より編集
2017年
12月
 2017年12月12日(火)   レイカディア大学の皆さん、ありがとうございました!
 今日も、朝からたいへん寒い日でした。
 そんな中、これまで何度もお世話になっているレイカディア大学の卒業生と在校生の皆さん10名が、樹木の剪定作業をしてくださいました。
 先週土曜日に開催された「レイカ瀬田 小学校応援6周年記念行事」に、私も瀬田地域の他小学校の管理職とともに出席させていただきました。その会で、シニア世代が新しい知識、教養、技術を身につけ地域の担い手となることを目指して「滋賀県レイカディア大学」が昭和53年に開校されたこと、開校以来40年の歴史を重ね5,900人の卒業生を輩出されていること、社会における自らの生きがいを追求しながら社会貢献をされている方々がたくさんおられることを改めて知りました。
 本校でも、平成24年7月からずっと定期的にボランティアとしてお越しいただき、玄関前や校門までの坂道、中庭など様々な場所の樹木を剪定や草刈りなどをしていただいています。お陰様で、教職員だけではなかなか手入れすることができない所まできれいにしていただき、安全で快適な環境をつくっていただいています。
 今日も、たいへん寒い中にもかかわらず、体育館横の樹木をすっきりと剪定していただきました。
 本当にありがとうございました!
▲top
 2017年12月12日(火)   1年生も、脚下照顧を実践!
 この写真は、今日の長休みに廊下を歩いていて偶然見つけたうれしい場面です。
 本校では、年度当初から、教務の教員が各学級を順番に回って「脚下照顧」をはじめとする瀬田小学校全員で徹底していくことについての指導を行っています。
  ☆はきものをそろえると 心もそろう
   心がそろうと はきものもそろう
   ぬぐときに そろえておくと
   はくときに 心がみだれない
   だれかが みだしておいたら
   だまって そろえておいてあげよう
   そうすれば きっと みんなの心が そろうでしょう☆
 この時は、トイレで用を済ませた後の1年生二人が、スリッパを整えていました。「脚下照顧」が、1年生たちにも着実に浸透してきていることを感じて、たいへんうれしかったです。

 「行事日記」では、もこもこさんによるお話会スペシャルの様子を紹介しています。ぜひご覧ください。
▲top
 2017年12月11日(月)   音楽室から・・・
 今日の4校時、廊下を歩いていると、音楽室からいい音色が流れてきました。それは、リコーダーや鍵盤ハーモニカ、木琴や鉄琴、ピアノなど様々な楽器がパート練習をしながら、時々テンポを合わせて自然と合奏になっていくような感じでした。
 その音色につられて音楽室にそうっと入ってみると・・・6年生が「風を切って」という曲を学習中でした。お互いの音を聞き合いながら、教室の中でそれぞれの音が呼応し合いハーモニーを奏でていく様子が、とてもいい雰囲気でした。
 しばらく聴かせてもらってから、またそうっと音楽室を後にしました。
▲top
 2017年12月11日(月)   感謝!
 先週12/8(金)、学校に滋賀銀行さんと株式会社メイコウさんの方々が来校され、教育相談等のための部屋に設置していただいたエアコンの贈呈式を行いました。
 これは、銀行と地域の企業が「子どもたちの学びや成長を応援する」目的で取り組まれている事業の一環として、本校に寄贈していただいたものです。本校では、何とか教育相談室を確保したいと考えて、これまで教材庫として使用していたスペースから教材を別の場所に運び出し、そこを教育相談等の場所として使っていくことにしました。しかし、夏は扇風機、冬はストーブ、灯油代は・・・といろいろ悩んでいたところ、このようなたいへんありがたいお話をいただくことができたのです。心より感謝申し上げます。
 写真は、早速備えつけていただいたエアコンの写真です。この部屋にある教材の引っ越しと部屋の模様替えは、12/21(木)の職員作業で行う予定です。念願の教育相談等をするための部屋ができます。楽しみです!
▲top
 2017年12月7日(木)   冷たい風を吹き飛ばして・・・〈その2〉
 運動場の西側に設置してある職員手作りのジャンピングボードでは、短縄で二重跳びなどの練習に取り組む子どもたちの姿がありました。
 ‘引っかかったら次の人と交替’というルールを守って、順番に跳んでいました。ジャンピングボードを使うと地面で跳ぶよりも勢いがつくので、空中での感覚がつかめて上手になった気分で楽しく跳ぶことができます。このコーナーも、なかなかの人気でした。
 そうそう、体育館西側のスペースでは、いつもその場所で高速8の字跳びの練習に励んでいる6年生たちが、今日も頑張っていました。
▲top
 2017年12月7日(木)   冷たい風を吹き飛ばして・・・〈その1〉
 今日も、朝から冷たい風が吹く寒い日となりました。
 でも、子どもたちは・・・元気です!私は、朝、登校してくる子どもたちと「おはようございます!」の挨拶を交わすために昇降口前にいるのですが、たくさんの子どもたちが、登校してから始業までの時間帯にも、短縄や長縄を持って運動場に飛び出していきます。
 この写真は、本日昼休みの運動場の様子です。たくさんの子どもたちが、8の字跳びの記録更新を目指して一生懸命、しかも楽しそうに頑張る姿が見られました。
 運動場は、子どもたちの熱気があふれていました!
▲top
 2017年12月5日(火)   5年生、地域で学ぶ!
 本日、5年生が、「私たちの瀬田 〜仕事ウォッチング〜」の学習で、地域に出かけて行きました。
 目標は、「瀬田にあるいろいろな仕事の現場を見学させていただき、働くこと喜びや苦労、工夫、働いておられる方の生き様にふれ、地域の産業に誇りをもつとともに、自分の生活に生かしていこうとする態度を育てる。」というものです。
 写真は、学校近くの東レ瀬田工場を見学させていただいたグループの様子です。このほかにも、滋賀銀行や瀬田交番、電話会社や文具会社にもご協力いただき、見学させていただきました。学校では、校長室や事務室を訪れて学ンだグループもありました。私も、4つのグループから様々な質問を受けました。私にとっては、5年生とじっくり向き合って話すたいへん貴重な機会となりました。
 ご協力いただいた地域の企業などの皆様、本当にありがとうございました!
▲top
 2017年12月5日(火)   洗濯板での洗濯にチャレンジ!
 3年生は、総合的な学習の時間に、地域の古い道具を調べたり観察したりして、暮らしに使っているものの移り変わりをもとに、昔と今の生活の変化の様子やいろいろな当時の人々の願いについて考えて発信する学習に取り組んでいます。
 そして、今日は、中庭で靴下の洗濯にチャレンジしている学級を発見。洗濯といっても、「洗濯板」を使っての洗濯です。
 朝から冷たい強風が吹く厳しい寒さ。その中で、洗濯板を使っての洗濯にチャレンジした子どもたちは、昔の暮らしを体験することで、今の生活の便利さとありがたさを実感することができました。また、洗濯機や合成洗剤が普及して便利になった一方で、滋賀県では、琵琶湖の水が汚れるという経験をした時期があったことも知りました。
 これからは、地域からゲストティーチャーをお招きしての学習も計画しています。
▲top
 2017年12月5日(火)   1年生「SETAスーパートライ」
 今日の昼休みに、体育館で、1年生対象の「SETAスパートライ」が開催されました。
 前跳びや後ろ跳びから二重跳びまで、子どもたちは自分がチャレンジする種目にエントリーして、自己新記録を目指しました。
 失敗して引っかかったら、また続きから跳べばいいのです。子どもたちは、楽しそうに一生懸命チャレンジしていました。回数を数えてくれる役は、スポーツわくわく委員会の5・6年生たちと体力向上委員会の教員たちです。
 ステージ上に設置された電光掲示時計が残り10秒を示すと、自分の出場種目を体育館の後方で待っている子どもたちから、「10、9、8、7、6、5・・・」というカウントダウンの声が響き、チャレンジ中の子どもたちの表情が、よりいっそう一生懸命なものに変わりました。
 みんな、よく頑張りました!
▲top
 2017年12月1日(金)   全校の子どもたちが応援!
 今日の学習発表会までに、瀬田小学校にも第7ブロックの子どもたちが集まって練習する機会がありました。体育館での練習には、全校児童が2時間に分けて参観させてもらいました。
 この写真は、各学級から若草学級に寄せられた「応援メッセージ」です。若草学級教室前の廊下に張り出されたこのメッセージには、瀬田小学校児童一人ひとりの気持ちが込められています。きっと、今日の本番の頑張りに向けても大きな力となったことでしょう。
▲top
 2017年12月1日(金)   第45回大津市特別支援学級・学校 合同学習発表会
 今日は、大津市民会館を会場に、第45回大津市特別支援学級・学校 合同学習発表会が開催されました。本校若草学級の子どもたちも、晴嵐小学校、瀬田南小学校の子どもたちとともに第7ブロックとして参加しました。
 以前、「行事日記」でも紹介していましたように、第7ブロックの子どもたちは、今年「ゲームワールドの大ぼうけん」という劇に取り組みました。‘いつの間にかゲームの世界に入ってしまった子どもたちが、カートに乗って冒険したり、忍者になってモンスターを倒したり、食べ物ランドで巨大ハンバーガーを作ったりしながら次々とステージをクリアし、元の世界に戻ってくる’というストーリーです。みんなこの日の本番目指して協力しながら学習を重ねてきました。今日は、その成果を、大津市民会館大ホールのステージで、しかも満員の観客の前で、堂々と、そしてのびのびと演じることができました。
 他の各ブロックも、たいへん見ごたえのある素晴らしい発表でした。子どもたちの成長と可能性をたいへんうれしく感じた学習発表会となりました。
 そして、最後に会場の全員で歌った一部手話つきの「ビリーブ」も、感動的でした。
 それぞれのお家で子どもたちの頑張りを支えてくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました!
▲top
CGI-design