HOME校長室より編集
2018年
6月
 2018年6月21日(木)   若草学級、みんなでゼリー作りにチャレンジ!
 今日は、若草学級の子どもたちが、クッキング学習でゼリー作りにチャレンジしました。
 この写真は、クッキングを始める前に、この学習の目当てを確認し、作り方の最終説明を受けているところです。ちなみに、今日のめあては・・・「なかよく」「ゆずりあって」「しっかりきこう」の三つです。
 その後、8チームに分かれていよいよクッキングスタート!各チームには、担任や複数指導の先生たちがついてくださっていますが、自分たち自身でもレシピを確認しながら進めていきました。材料を計量する時には、少しでも正確に量ろうとみんなで何度も確認したり、また、材料をかき混ぜたり洗い物をする時には、順番を決めてお互いに声を掛け合ったり譲り合ったりする姿が見られました。また、高学年の子たちが低学年を気遣うような場面もいくつかありました。
 今回チャレンジしたゼリー作りの学習は、1学期末の「若草カレー屋さん」の学習へとつながっていきます。楽しみです!
 
 
 
▲top
 2018年6月21日(木)   若草学級、みんなでゼリー作りにチャレンジ!
 今日は、若草学級の子どもたちが、クッキング学習でゼリー作りにチャレンジしました。
 この写真は、クッキングを始める前に、この学習の目当てを確認し、作り方の最終説明を受けているところです。ちなみに、今日のめあては・・・「なかよく」「ゆずりあって」「しっかりきこう」の三つです。
 その後、8チームに分かれていよいよクッキングスタート!各チームには、担任や複数指導の先生たちがついてくださっていますが、自分たち自身でもレシピを確認しながら進めていきました。材料を計量する時には、少しでも正確に量ろうとみんなで何度も確認したり、また、材料をかき混ぜたり洗い物をする時には、順番を決めてお互いに声を掛け合ったり譲り合ったりする姿が見られました。また、高学年の子たちが低学年を気遣うような場面もいくつかありました。
 今回チャレンジしたゼリー作りの学習は、1学期末の「若草カレー屋さん」の学習へとつながっていきます。楽しみです!
 
▲top
 2018年6月19日(火)   子どもたちの安全を守る
 本日午前、「スクールガード・せたっ子応援隊連絡会」を開催しました。会場の図書室には、いつも子どもたちの安全を見守ってくださっているスクールガード、そしてせたっ子応援隊の方々が集まってくださいました。
 各団体の代表の方々のご挨拶の後、ますは、学校が把握している危険個所など安全面での課題について説明しました。その後、スクールガードやせたっ子応援隊の方々から、ご意見をいただきました。
 その話し合いの中で、地域や保護者の皆さんが、子どもたちの安全をいかに熱く見守ってくださっているかを改めて感じ、感謝の思いを深めました。

 昨日の朝、大阪府北部を中心に震度6弱を観測した地震。大津市でも、震度5弱の激しい揺れがありました。そんな中、すでに登校していた子どもたちは、すばやく頭を守って机の下に入り、登校中だった子どもたちも、高学年の指示に従って頭を守りしゃがむなど、身を守る姿勢をとる姿が見られました。突然の激しい揺れの中、自分たちの身を守るために「‘落ちてこない・倒れてこない’場所で‘頭を守って低い姿勢で’」の合言葉を実践できたことは、素晴らしかったです。もちろん、登校を見守ってくださっていた地域のスクールガードや保護者の方々の存在は、子どもたちにとってどれほど心強かったことかと思います。
 また、教職員も…、担任は教室へ、担任以外は各ポイントに散らばり状況を確認するとともに非常口を開けて避難路を確保するなど、子どもたちの安全のために全力を尽くしました。
 その後、大津市教育委員会の指示で、市内の小学校では、午前中で授業を切り上げて、緊急引き渡しを実施することになりました。本校では、これまで2学期に実施していた「緊急引き渡し訓練」を来週に予定していたのですが、それまでに実際の引き渡しをすることになったのです。ご協力いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 今回の地震では、5人の方々が尊い命を落とされました。痛ましい報道に触れ、言葉もありません。心からご冥福をお祈りいたします。また、たくさんの方々が負傷され、余震が続く中、ライフラインも止まったまま不安で不自由な時間を過ごされています。心よりお見舞い申し上げます。そして、少しでも早い復旧をお祈りしています。
 地震などの災害は、いつ、どこで発生するかわかりません。また、実際にもっと激しい揺れに襲われたら、合言葉を実践するわずかな時間さえないのが現実なのかもしれません。それでも、万が一に備えての訓練を実施し、いざという時の心構えをしっかり持って最善を尽くす大切さを実感しています。
▲top
 2018年6月16日(土)   瀬田小学校の「OJT」
 若さとやる気にあふれる教員の授業力・指導力を育成していくことは、今、日本中の学校の喫緊の課題のひとつです。
 本校でも、14日(木)、大津市教育センターから講師を招聘して、若手教員の授業を参観していただき、放課後に研修会をもちました。普段から校内では授業研究・研修に取り組んでいるのですが、今回は、校外からの指導も取り入れることで、新たな刺激と的確なご指導をいただくことができました。
 この写真は、同日に有志が集まって実施した「ミニ研修」の様子です。前回は、体育科の研修でしたが、今回は「タブレットを授業で効果的に活用しよう!」というテーマでのICT研修でした。講師は、ICTが得意な本校の教員です。
 このような「OJT(On the Job Training)※実際の職務現場で業務を通して行う研修・訓練」などを通して、常に学び続ける教職員でありたいと考えています。
▲top
 2018年6月12日(火)   1年算数科学習より
 この写真は、本日2校時、1年の算数科「たしざん(1)」の授業の様子です。
 本時の目標は、「ブロックを操作し、合併の場面を理解する。」です。
 まずは、手作りのカエルや蓮の葉っぱの絵を使って、お話の場面についてみんなで話し合いました。その後、「あわせていくつになるかをかんがえよう」というめあてを確認し、各自がブロックを動かしながら考えていきました。2つの数を「あわせる」という意味をブロックの動きで実感していくのです。大人にとっては簡単なことですが、このように具体的な操作活動を通して学んでいくことが、1年生にとっては大切な活動です。その後、カエルの数を、絵から「〇」仁置き換えてノートに書いていきました。
 45分間集中して取り組む姿に、指導者の努力と工夫、そして子どもたちの成長を感じました。
▲top
 2018年6月10日(日)   「音楽会&音楽参観」を終えて
 8日(金)、午前中(長休み〜3校時)に「音楽会」、午後には「音楽参観」を実施しました。その様子は、「行事日記」のコーナーで紹介していますので、ぜひご覧ください。
 このコーナーでは、演奏の素晴らしさ以外で☆キラリ☆と光っていた子どもたちの姿を二つ紹介します。
【☆キラリ☆@】
 学年の演奏直前、司会進行を担当する児童会のメンバーが、「お・し・ず・か・に」の表示を掲げて待ちました。すると、学年の入れ替えのための移動を終えた後、全体が自然に静かになっていきました。この写真は、静かになったことを確認したメンバーが、表示を「は・じ・ま・る・よ」に持ちかえて、‘いよいよスタート’という瞬間のものです。
「静かにしてください!」と大声で連呼するのではない方法を考えて実践してくれたことが、素晴らしかったです。
【☆キラリ☆A】
 午前中の「音楽会」が終了し、1年生から順番に退場する時、6年生が「ルパン三世のテーマ」をBGMとして再演奏してくれました。子どもたちは、軽快なリズムに乗って笑顔で退場。その表情には、みんなで力を出し切って演奏できた満足感があふれていました。
 最後に5年生が退場したのですが、「もう一回聴きたい!」と体育館の出口で6年生の演奏に聴き入る子どもたちがたくさんいて、最後には「アンコール!アンコール!」の大合唱となりました。これには、6年生も、教職員もびっくり。その声に応える形で、6年生がラストの部分だけもう一度演奏してくれました。5年生からは「自分たちも、来年は最高学年としてあんな素敵な演奏をしたい!」という憧れの気持ちが、6年生からは、最高学年としての自信が伝わってきました。
▲top
 2018年6月5日(火)   水泳学習に備えて
 5日(火)の放課後、日本赤十字から講師さんをお招きして、教職員対象の「救急救命講習会」を実施しました。
 まず、講師から心肺蘇生法とAEDの適切な使用方法を改めて指導していただきました。学校での子どもたちに対する使用という想定で、詳しく指導していただきました。その後、人形や訓練用AEDを使って、体験しました。
 学校では、この訓練やエピペンを使用する訓練を、毎年実施しています。イメージトレーニングを重ねることも含めて、いざという場合に備えていきたいと思います。
▲top
 2018年6月5日(火)   PTAハートの花壇、完成!
 本日午前中、PTA環境部の皆さんを中心に、ハートの花壇に花の植え付けをしていただきました。
 先日、土づくりをしていただいた花壇に、形や配色を工夫して花々が植えられました。「ハートの花壇」の完成です!これからどんどん元気に育っていくのが楽しみです。
 PTAの皆様、ありがとうございました!
▲top
 2018年6月1日(金)   「はなさか せたっ子の木」
 大人の世界でも子どもの世界でも、集団の中では、お互いの価値観の違いや意見の相違が生まれるものだと思います。特に成長過程の子どもたちの中では、感情のぶつかり合いがあって当たり前、意地悪な気持ちをもったりブレーキをかけられないこともあるものです。でも「人の心や身体を傷つけることは絶対にしてはいけないことだ」ということを根気よく教えていくのは、私たち大人の責任だと考えます。
 大津市では、全小中学校に、いじめ対策担当教員が配置されています。本校でも、2名のいじめ対策担当教員(瀬田小では‘はなさか(花咲か)先生’)を中心に、学校全体で「脚下照顧」や「瀬田小のABC」、「みんなで気をつける合言葉『か・な・し・い』」の指導や相談活動など、いじめの未然防止、早期発見・早期対応に取り組んでいます。
 今年度は、新たな取り組みとして、全ての学級を二人の担当教員が順番に回って授業後、各教室前に「はなさか せたっ子の木」を植樹(?)しています。子どもたちの素敵な姿を私たち全員でしっかり見取り、たくさんの花を咲かせていきたいと願っています。
▲top
 2018年6月1日(金)   PTAハートの花壇
 中館と南館の間の中庭に、ハートの形をした花壇があります。その名も「ハートの花壇」。PTA環境部の皆さんが中心になって、いつもきれいな花々を育ててくださっています。
 6月1日(金)には、環境部の皆さんやPTA会長さんたちが集まっていただき、土づくりをしてくださいました。後日、花の植え付けも予定されています。また、昇降口前のプランターにも、いつもきれいな花を咲かせてくださっていて、登校してくる子どもたちを迎えてくれています。
 子どもたちのために、様々な場面でご協力いただき応援していただいている保護者の皆様に、改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。そして、これからも何卒よろしくお願い申し上げます。
▲top
CGI-design