おいしい給食たべたよ!

2021/02/25
「豆乳」を使ったポタージュ
玄米ロール
牛乳
いかのかりん揚げ
彩り野菜サラダ・しそドレッシング
豆乳コーンポタージュ

☆豆乳は大豆を水につけてすりつぶし、煮詰めた汁をこして作られます。見た目が牛乳と似ていることから「ソイミルク」とも呼ばれますが、牛乳の成分は含まれていません。
今日は、豆乳を使用したポタージュとなっています。豆乳の優しい味わいが感じられるスープに仕上げました。

309-1.jpg

2021/02/24
外国料理:中国
麦ごはん
牛乳
蒸しチキンしゅうまい
八宝菜
ライチーゼリー

☆中国料理は、広い土地と長い歴史の中で発展してきた料理です。しゅうまいや餃子、春巻きなどは「点心」と呼ばれ、小腹をみたす軽い食事のことです。
八宝菜の「八」は、8種類という意味ではなく「多くの」という意味を表します。今日は、豚肉、かまぼこ、もやし、にんじん、玉ねぎ、白菜を使い具沢山の八宝菜に仕上げました。

308-1.jpg

2021/02/22
「ごぼう」のサラダ
レーズンパン
牛乳
豚肉のマスタード焼き
ごぼうのサラダ
オニオンスープ

☆ごぼうには食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維は、腸の働きを活発にして、おなかの調子をよくするなどの働きがあります。
今日はごぼう、カラーピーマン、さやいんげんを、醤油、ごまドレッシング、こしょうで味付けをしてサラダにしました。

307-1.jpg

2021/02/19
滋賀の産物を食べようデー
麦ごはん(大津産米)
牛乳
大あゆのから揚げ
赤こんにゃくのそぼろ煮
打ち豆汁

☆今日は滋賀の産物を食べようデーです。この日は滋賀県の産物や郷土料理を知り、滋賀県の恵みに感謝をして食べてもらいたいという願いを込めて献立を作成しています。
今日のから揚げは、あゆを3枚おろしにしたものを、酒、しょうが、醤油で下味をつけてでん粉をつけて揚げました。また、今日の打ち豆汁には、淡色みそと白みそを合わせて使用しました。
白みそは、龍谷大学農学部の学生と上田上地域の皆さんが育てて下さった「ことゆたか」という品種の大豆を使って作られた白みそを使用させていただきました。

306-1.jpg

2021/02/18
「にんにく」を食べてスタミナをつけましょう
黒糖パン
牛乳
豚肉のガーリック焼き
キャベツとコーンのサラダ・コーンドレッシング
ポトフ

☆にんにくに含まれているにおい成分には、殺菌作用があり、かぜの予防に役立ちます。
また、にんにくには疲労回復に役立つビタミンB1の吸収をよくする働きがあり、豚肉との相性が良いとされています。

305-1.jpg

2021/02/17
郷土料理・特産物:宮崎県
麦ごはん
牛乳
チキン南蛮・タルタルソース
八杯汁
日向夏ゼリー

☆チキン南蛮は、宮崎県の郷土料理で、唐揚げを甘酢だれにつけてタルタルソースをかけて食べます。
八杯汁は、宮崎県ではお祝い事や法事などで作られ、その名前の由来は八杯お代わりするほどおいしい、一丁の豆腐で8人分が作れる、などと言われています。
日向夏は、宮崎県で生産量が一位となっています。

304-1.jpg

2021/02/16
滋賀県の産物「近江牛」を食べましょう
麦ごはん
牛乳
切干しだいこんのはりはりあえ
カットコーン
近江牛のすき焼き

☆近江牛は日本三大和牛の一つです。東近江地域を中心に、県全域で飼育されています。近江牛は脂肪が全体に細かく入って美しい霜降りとなり、脂の旨味があります。
近江米の稲わらなどをえさとして与え手間をかけて育てられています。今日は近江牛をたっぷり使用したすき焼きとなっています。

303-1.jpg

2021/02/15
「さつまいも」のコロッケ
コッペパン
牛乳
さつまいもコロッケ
大根と水菜のサラダ・イタリアンドレッシング
ハッシュドポーク

☆さつまいもは食物繊維やビタミンCが多く含まれ、便秘やかぜの予防に役立ちます。
今日はさつまいもを使ったコロッケになっています。

302-1.jpg

2021/02/12
「酢」を使った料理を食べましょう
麦ごはん
牛乳
豚肉のしょうが焼き
なます
さつまいもと油揚げのみそ汁

☆「酢」を使った料理は、酢の物、南蛮などいろいろとあります。酢には良い効果があり、食べ物を腐りにくくしたり、食欲を強くしたりする働きがあります。
今日はなますに酢を使用しました。さっぱりとした味付けにも慣れていってもらえると嬉しく思います。

301-1.jpg

2021/02/10
琵琶湖でとれた「びわます」
麦ごはん
牛乳
びわますの塩焼き
きんぴらごぼう
煮込みおでん

☆びわますは、別名「あめのうお」とよばれているサケ科の仲間です。琵琶湖だけにいる魚で、大きいものは60cmくらいになります。
夏は深いところ、冬は水面近くに移動し、こあゆやすじえびを食べて大きくなります。びわますは、臭みもなく、くせもないので琵琶湖の魚の中で最もおいしいと言われています。

300-1.jpg

- Topics Board -