おいしい給食たべたよ!

2021/03/11
「ブロッコリー」のサラダ
バターリッチパン
牛乳
鶏肉のから揚げ
花野菜のサラダ・和風ドレッシング
コンソメスープ

☆ブロッコリーは、風邪などの病気から体を守るパワーを持っています。そのパワーの秘密は、花が咲く前の栄養分がギュッと詰まった「つぼみ」を食べているからです。
なんと一つの茎に約7万個もつぼみがついているそうです。今日はブロッコリーとカリフラワーのサラダとなっています。

319-1.jpg

2021/03/10
おすすめカレー・残さず食べようデー
麦ごはん
のむヨーグルト
大豆とひよこ豆のしゃりしゃり揚げ
ツナと野菜のあえもの
瀬田北中学校おすすめカレー

☆今日は瀬田北中学校のおすすめカレーです。それぞれの具材は、じゃがいも、にんじんは学校を表し、牛肉は主役の卒業生、豚肉は在校生、先生たち、またかぼちゃは甘味があるので、ふんわりと見守ってくれているおうちの人をイメージして考えてくれました。
残さず食べていただけると嬉しいです。

318-1.jpg

2021/03/09
給食のごはんは「麦ごはん」です
麦ごはん
牛乳
さけの塩焼き
だいこんの甘酢あえ
厚揚げの炒め煮

☆給食のごはんは、白米に大麦が入った「麦ごはん」となっています。日本人は、昔米が足りなかったときに大麦を食べていたので、麦は白米の次に大切な食べ物とされてきました。
今日の献立は、ごはんに合う和食のおかずとなっています。おかずとごはんを代わる代わる食べてもらえたらと思います。

317-1.jpg

2021/03/08
今日は「バーガーパン」です
バーガーパン
牛乳
照り焼きハンバーグ
キャベツのソテー
豆乳入りコーンチャウダー
いちごゼリー

☆今日は子どもたちに人気のバーガーパンです。自分たちで具材を挟むことで、楽しみながら食べてもらっています。
また、苦手な野菜もパンにお肉と一緒に挟むことで、少し食べやすくなるという声をよく聞き、嬉しく思います。

316-1.jpg

2021/03/05
卒業お祝い献立
赤飯・ごましお
牛乳
野菜チップス
近江牛のすき焼き
米粉いちごケーキ

☆今日は6年生のご卒業のお祝いをこめて「赤飯」となっています。昔から、赤色には災いを避ける力があると信じられていたので、お祝いの日には赤飯が食べられていました。
また、2月に引き続き今日のすき焼きには無償で提供をいただいた「近江牛」を使用させていただきました。

315-1.jpg

2021/03/04
「豆」をたくさん使用したビーンズスープ
レーズンパン・メープルジャム
牛乳
鶏肉のガーリック焼き
ポテトサラダ・マヨネーズ
ビーンズスープ

☆豆類は炭水化物やたんぱく質、ビタミン、ミネラル等の栄養素をバランスよく含み、食物繊維も豊富に含まれています。
今日は、ビーンズスープに金時豆、白いんげん豆、枝豆を使用しました。

314-1.jpg

2021/03/03
桃の節句献立
麦ごはん・かつおふりかけ
牛乳・液体ココア
ますの野菜あんかけ
なばなのすまし汁
ひなあられ

☆ひなまつりは、「桃の節句」や「上巳の節句」と呼ばれ、子どもの健やかな成長と健康を願う日です。
「ひしもち」の三色は、それぞれ緑色は若草、白は雪、ピンクは桃の花を表し、早春の景色をイメージしています。ひしもちを小さく砕いて揚げたのが「ひなあられ」になったと言われています。

313-1.jpg

2021/03/02
「米粉」を使ったちくわの天ぷら
麦ごはん
牛乳
ちくわの米粉天ぷら
青菜のおひたし
豚じゃが
お祝いムース

☆ちくわの天ぷらの衣は、米粉を水で溶いた物を使用しています。小麦粉の衣よりもパリッと揚がるのが特徴で、子どもたちにも人気があります。

312-1.jpg

2021/03/01
3月の食育目標は「一年間の食生活をふり返ろう」です
バターリッチパン
牛乳・液体ココア
豚肉のマスタード焼き
だいこんサラダ
鶏団子と野菜のトマト煮込み

☆今月の食育目標は「一年間の食生活をふり返ろう」です。学校給食は、子どもたちが元気に成長できるように、エネルギーや栄養バランスを考えて作られています。
今月は、これまでの給食の時間をふり返り、自分自身の食生活を見直す機会になればと思います。

311-1.jpg

2021/02/26
おすすめカレー・残さず食べようデー
麦ごはん
のむヨーグルト
すじえびと二色豆しゃりしゃり揚げ
こまつなとツナのソテー
日吉中学校おすすめカレー

☆今日は日吉中学校が考えてくれたおすすめカレーです。おすすめのポイントは、寒くなる冬に、鶏肉が入ったカレーを食べることで、たんぱく質をとることができ、冬を元気に過ごしてほしいというところだそうです。
また、今日のしゃりしゃり揚げには、琵琶湖でとれた「すじえび」を使用しました。カラッと揚がってえびが香ばしく、子どもたちにも食べていただきやすい仕上がりとなりました。

310-1.jpg

- Topics Board -