2016年度 日吉中学校 部活動規約

 

1.目 的

学年、学級などの所属を離れて、共通の興味関心などを持った生徒が集まり、自分たちで活動を進める力を養う。

   また、部という集団で生活する経験を通して、互いの良い人間関係をつくる力を養う。

 

2.顧問について

  顧問は全職員が当たる。

(1)正式に依頼する必要のある外部顧問の導入は、例外とする。
(2)本校の部活動にない競技からの、本校の名前を出した形での公式戦出場(団体種目)は、これを認めない
(3)合同部活動の導入についてはその必要があれば、部活顧問会→職員会議を経て、その都度導入を認める。

   但し設置された部に、新たに顧問を配置することはしない。

 

3.部活動の種類

(1)運動部

         バレーボール(女子)陸上・ソフトテニス・水泳・柔道・剣道・バスケットボール・バドミントン
     
卓球・野球・サッカー(男女)

 

  (2)文化部
      吹奏楽・科学・美術・書道

 

4.廃部手続き

  第1学年の部員がいなくなった場合、または教職員に人数減少に伴う指導体制の確保が難しくなった場合、部活担当は廃部対象の部活動について協議し、職員会議にて決定する。

   廃部の決定に際しては、教職員数・部員数・競技の特殊性・社会体育への移行などを総合的に判断する。

 

5.入部について

  部活動への入部は、以下の点に留意し決定する。
   (1)全員入部制ではない
  (2)新入生は年度初めの仮入部期間において、部活体験を行ったのち、本人と各部の顧問が相談のうえ決
      定する。

  (3)2,3年生については年度初め顧問等と相談のうえ、改めて部活動継続届けの提出ののち決定する。
  (4)ただし、別添の各部の入部条件を満たしていることや、健康上配慮を必要とする生徒については、学
     校と保護者との相談のうえ入部許可について判断する。
  (5)入部届けを提出する

 

6.転退部について

各部の顧問・本人・担任・保護者が連絡を取り、本人にとって良いと思われる形をとる。退部届を提出する。

 

 

 

7.活動時間

(1)終了・完全下校時間


 

4〜9

10秋季総体前

 

10秋季総体後

11〜1

2〜3

 

活動終了時刻

17:45

17:15

16:45

17:15

完全下校時間

18:00

17:30

17:00

17:30

  ※午前中授業の時は年間を通じて、5時完全下校とする。

  ※土曜・日曜・祝日は、上記時間を基に、顧問の裁量で多少の時間の幅を持たせる。

  ※この時間帯はあくまで上限であり、勤務時間を超えての練習については、各顧問の判断により行い、学校として強制するものではない。

 

(2)土・日・祝日の活動
    @顧問が開始から終了まで直接指導する
  A原則として、月2回の休日を設ける。

  B活動計画表を必ず作成し、生徒・保護者に配布すること。(※学校にも一部提出)
  C地域行事などがあるときは、配慮すること。

 

(3)活動時間の延長

  運動部では春季・夏季総体及び中体連が主催・協賛する大会、吹奏楽部の県コンクールの3週間前から10日間、保護者の承諾の下で1時間以内の時間延長ができる。そのときは部活担当に連絡する。

     延長時間帯は顧問が直接指導する。

 

(4)教職員全体が参加する会議・研修

   活動中止や時間短縮される場合がある。

    ※職員会議や全教職員対象の校外での研修会の日は、部活動停止。

    ※学年部会の日は各学年でパトロール体制を計画する。

  

8.活動の服装
   @学校指定の体操服
   AワンポイントのTシャツ(大会協賛品は除く)
   B競技に則した服装
   Cウィンドブレーカー類

※活動の服装については、華美、高価なものにならないように、顧問から注意・指導していく。

 

9.部費について(学校の会計基準に準ずる)

   部費を徴収する部については以下の点に留意する

     @ 予算計画を立て、保護者に説明する。
      A 出納ににいては通帳を使用する。

     B 年度ごとに部員の保護者に対して決算報告を行う。